記事一覧
  • 回鍋肉

    主菜

    春キャベツが出始めると、まず頭に浮かぶのは回鍋肉です。赤味噌を使って合わせ調味料を作っておけば、炒め合わせてサクッとできます。材料(4〜5人分)豚バラ肉薄切り3 ...

  • グリーンピースの玉子とじ

    副菜

    さやに入ったグリーンピースが実家から送られて来ました。だしでサッと煮て卵でふんわりととじる、春の香りです。材料(4〜5人分)グリーンピースさやから取り出して15 ...

  • 足てびち

    主菜

    足てびち。沖縄料理の定番、豚足の甘辛煮です。僕の大好物であり、沖縄料理屋さんでよく食べていました。家でも圧力鍋があれば超簡単に作れると知ってからは、たまに作りま ...

  • 煮豆

    副菜

    乾燥大豆を買いました。普段は缶に入ったドライパックを使うことが多く、ひじき煮や切り干し大根煮に入れます。今回は一晩漬け込んでから昆布とじっくり煮込みます。材料( ...

  • 納豆チーズオムレツ

    副菜

    卵と納豆さえあれば、そしてあっという間にできちゃいます。あと一品、という時によく登場します。材料(4〜5人分)卵4個納豆2パックピザ用チーズ適量かつお節適量醤油 ...

  • ポークソテー玉ねぎソース

    主菜

    ポークソテーなんて気取った名前ですが、要は豚肉を焼いたの。たまにある平日の休日。チャチャっとできてボリュームありの1人ランチ。材料(今回は一人用レシピです)豚肉 ...

  • おにぎりいろいろ

    飯.麺.汁物

    おにぎりは、弁当や休日の朝、ホームパーティーなどによく作ります。もともと妻がよく作っていたおにぎり、程よく小さくて食べやすく大好きです。妻が作る料理の中で一番好 ...

モッツァレラチーズの味噌漬け

モッツァレラチーズは、和の調味料とよく合う気がします。今回は味噌漬けにして日本酒によく合うおつまみに。

 

材料(2〜3人でつまむ程度)

モッツァレラチーズかたまりのもの100g

味噌100g(お好みの味噌で)

みりん大さじ1.5

 

モッツァレラチーズを袋から取り出し、水気をキッチンペーパーでよく拭き取ります。

ボウルに味噌とみりんを入れてよく混ぜます。

ビニール袋にモッツァレラチーズと味噌を入れて全体にまとわせて、空気を抜いて袋の口を縛ります。

冷蔵庫で1日から2日、完成です。

袋から取り出し、スライスしていただきます。

味噌の濃厚な味が染み込み、おつまみにぴったりな一品ができました。

 

料理は自由だ!

 

回鍋肉

春キャベツが出始めると、まず頭に浮かぶのは回鍋肉です。赤味噌を使って合わせ調味料を作っておけば、炒め合わせてサクッとできます。

 

材料(4〜5人分)

豚バラ肉薄切り300g

キャベツ、ピーマン、人参 合わせて500g

油適量

合わせ調味料

 赤味噌50g

   砂糖大さじ3

   酒大さじ2

   醤油大さじ1

   オイスターソース小さじ2

   豆板醤小さじ1

 ごま油小さじ1

   片栗粉小さじ1

   ニンニク1片

 しょうが適量(ニンニクと同じくらいの量)

 

キャベツを一口大にザクザク切ります。春キャベツは柔らかいので軸の部分も気にせずに。春キャベツじゃない場合は軸を薄く削ぐといいでしょう。

ピーマンも一口大に、人参は薄い半月切りにします。

豚バラ肉を一口大に切ります。

合わせ調味料の材料をボウルに入れて、味噌を溶かすようによく混ぜます。

中華鍋をよく熱し、油を引き、豚バラ肉を炒めます。

肉の色が変わったら、キャベツ、ピーマン、人参を入れて炒め合わせます。

キャベツが少ししんなりとしてきたら、合わせ調味料を入れて手早く混ぜ合わせます。

全体に味が回ったら完成です。

野菜はお好みで、キャベツだけでもいいですし、玉ねぎや青ネギ、きのこ類を入れても。

 

料理は自由だ!

グリーンピースの玉子とじ

さやに入ったグリーンピースが実家から送られて来ました。だしでサッと煮て卵でふんわりととじる、春の香りです。

 

材料(4〜5人分)

グリーンピースさやから取り出して150g

人参1/4本

だし400cc

卵3個

薄口醤油大さじ2

みりん大さじ1

 

グリーンピースをさやから取り出します。

ザルに入れて流水で軽く洗い、水気を切っておきます。

人参は細切りに、卵はボウルに割り入れほぐしておきます。

鍋にだしを入れて煮立て、薄口醤油、みりんを入れます。

グリーンピース、人参を入れて中火で5分ほど煮たら、卵を流し入れて軽く混ぜながら、ふんわりと固まってきたら火を止めて完成です。

具材は他にも、玉ねぎや油揚げなど入れてもおいしいです。

冷凍のグリーンピースでももちろんできますが、旬の時期だけのやわらかさ、香りを是非味わってください。

 

料理は自由だ!

足てびち

足てびち。沖縄料理の定番、豚足の甘辛煮です。僕の大好物であり、沖縄料理屋さんでよく食べていました。家でも圧力鍋があれば超簡単に作れると知ってからは、たまに作ります。

 

材料(豚足2本、2つに割るので4切れ分)

豚足2本

水200cc

酒(あれば泡盛)50cc

醤油大さじ3

みりん大さじ3

砂糖大さじ2

 

豚足は縦に2つに切り分けます。

圧力鍋に入れて、ひたひたの水(分量外)を張りフタをして火にかけます。

沸騰して重りが振れたら弱火にして5分加圧して火を止めます。

しばらくおいてフタを開け、茹で汁を捨てます。

改めて水、醤油、みりん、砂糖を入れてフタをして火にかけます。

沸騰して重りが振れたら、また5分加圧して火を止めます。

しばらくおいてフタを開け、煮汁の様子を見ます。たいていの場合、煮汁はシャビシャビなので、フタを開けたまま火にかけて煮詰めていきます。

スプーンで煮汁を豚足にかけたり、豚足の向きを変えたり、鍋を傾けたりしながら、煮汁にトロミがついたら完成です。

手がベタベタになることも構わず、かぶりつく幸せ。

 

料理は自由だ!

 

煮豆

乾燥大豆を買いました。普段は缶に入ったドライパックを使うことが多く、ひじき煮や切り干し大根煮に入れます。今回は一晩漬け込んでから昆布とじっくり煮込みます。

 

材料(作り置き、5人分小鉢×3回分くらい)

乾燥大豆200g

昆布50g

水1.5ℓ

砂糖80g

醤油大さじ3

 

乾燥大豆をザルに入れて流水で軽く洗い、水気を切っておきます。

鍋に水、砂糖、醤油を入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。そこに大豆を入れてそのまま一晩漬け込みます。

朝、火にかけて沸騰したら弱火にして1時間コトコト煮ます。

昆布をハサミで1.5cm角くらいに切って入れます。

火は弱火のまま、フタをしてさらに1時間煮たら火を止めて、そのまま冷まします。

これで完成です。

煮汁がたっぷりあるので、小鉢に取り分けて汁ごといただきます。

時間はかかりますが、コトコト煮込むだけなので他の何かをしながら、つきっきりにならずにできちゃいます。

ぜひお試しください。

 

料理は自由だ!

納豆チーズオムレツ

卵と納豆さえあれば、そしてあっという間にできちゃいます。あと一品、という時によく登場します。

 

材料(4〜5人分)

卵4個

納豆2パック

ピザ用チーズ適量

かつお節適量

醤油適量

油適量

 

卵はボウルに割り入れ溶いておきます。

納豆は付属のタレを入れて混ぜておきます。カラシはお好みで入れてください。

フライパンを熱し油を引いて、卵を流し入れます。箸で軽く混ぜながら、薄く広げます。

納豆を上か下、又は右か左、好きな所にのせて、チーズものせます。

納豆を入れた反対側から卵をパタンと折り曲げオムレツ状に形を整えたら皿に移します。

かつお節をふりかけ、醤油をお好みでたらして完成です。

 

今回はオムレツの中に納豆を入れましたが、最初から卵と納豆を混ぜてしまい、一気に半熟スクランブルエッグ的に作るのもおいしいです。

 

料理は自由だ!

ポークソテー玉ねぎソース

ポークソテーなんて気取った名前ですが、要は豚肉を焼いたの。たまにある平日の休日。チャチャっとできてボリュームありの1人ランチ。

 

材料(今回は一人用レシピです)

豚肉150g

玉ねぎ1/4個

醤油大さじ1.5

みりん大さじ1

砂糖大さじ1

油適量

 

豚肉はしょうが焼き用の少し厚めなものがあれば最高ですが、こま切れでもOKです。

フライパンを熱し油を引いて豚肉を焼きます。焼き色がついたら裏返し、両面焼いたら皿に取り出します。

フライパンに醤油、みりん、砂糖を入れて弱火にかけます。

フライパンの上から玉ねぎをすりおろして入れます。

混ぜながら火を強めにして煮詰め、軽くトロミがついたら豚肉にジャーっとかけたら完成です。

千切りキャベツやレタスを添えても。

また玉ねぎとともに、ニンニクやしょうがをすりおろしても。

 

料理は自由だ!

おにぎりいろいろ

おにぎりは、弁当や休日の朝、ホームパーティーなどによく作ります。

もともと妻がよく作っていたおにぎり、程よく小さくて食べやすく大好きです。妻が作る料理の中で一番好きかもしれません。いい意味で。

いざ自分で作ってみると、なかなか妻のようにうまく出来ず、難しいものだなと体感しました。

今では高校生の長男の弁当に、通常のご飯とは別に早弁用(午前中の休み時間に食べてるらしい)おにぎりを小2個、毎日のように作っています。

今回はレシピではなく、今まで作ったおにぎりをいろいろ紹介していきます。

 

じゃこ菜飯おにぎり。

小松菜やかぶの葉を塩もみして、しばらくおいたものにじゃことごまを混ぜ込みます。

 

味噌おにぎり。

手に味噌をベットリとつけてご飯をにぎります。

おかかおにぎり。

ご飯にかつお節と醤油を入れて混ぜ合わせます。

 

ひじきごはんのおにぎり。

ひじき煮が余った時に。

 

さつまいもごはんのおにぎり。

芋ご飯が余ったので。ごま塩をふって。

 

天かすおにぎり。

悪魔のおにぎりなんて言われてますが。

天かす、めんつゆをまぜあわせて。

 

肉巻きおにぎり。

豚肉の薄切りに丸めたご飯を巻きつけて、フライパンで転がしながら焼き、醤油とみりんを入れて煮詰めます。

 

梅おにぎりのしそ巻き。

刻んだ梅干しをご飯に混ぜて、大葉で巻きにぎります。

 

例えば休日の昼に、ご飯と味噌汁だと子ども達はなんとなくノリの悪い感じですが、おにぎりを作ると喜んで食べる。なんていうことも。おにぎりは楽しくて不思議な食べ物です。

 

料理は自由だ!