記事一覧
  • とりめし

    飯.麺.汁物

    群馬県で大人気のとりめし弁当というのをテレビで見ました。とりめしというと鶏肉と野菜を入れた炊き込みご飯だと思っていたのですが、違っていて面白かったです。というこ ...

  • 糸こんにゃくの煮物

    副菜

    糸こんにゃく。地味な存在ですが、たまには主役として。甘辛く炒め煮にして超スピード簡単おつまみに。材料(小鉢3皿分くらい)糸こんにゃく(アク抜き不要、200g)1 ...

  • 麻婆春雨

    主菜

    意外とカロリーが高いという事がわかってから、ちょっと出番が減ってしまった春雨。ピリ辛のひき肉と煮込むと、ごはんに良く合うおかずに。まあカロリーのことは今夜は忘れ ...

  • ふりふりキャベツサラダ

    副菜

    材料を全てビニール袋に入れてふりふり混ぜるだけでできるキャベツサラダです。楽しい作業なので子ども達にお手伝いさせると喜んでやってくれます。キャベツの大量消費にも ...

  • アボカド丼

    飯.麺.汁物

    アボカドはいろんなものに合うスペシャルな食材だと思います。その中でもウチで最も簡単で、最も登場回数が多いのはアボカド丼。いろんなものに合うと言いながら結局シンプ ...

  • きのこのホイル焼き

    副菜

    アルミホイルの凄さがよく分かるホイル焼き。包んで焼くだけなので他の料理を作っている間にできちゃいます。旨味が閉じ込められるので、香りの良いきのこにはぴったりな調 ...

  • 高野豆腐と椎茸の煮しめ

    副菜

    干し椎茸と昆布のだしがジュワッと染みた高野豆腐。ホッとする大人の味、子ども達にはまだまだ分からない世界かな、と思いながら作りました。材料(4〜5人分)高野豆腐1 ...

とりめし

群馬県で大人気のとりめし弁当というのをテレビで見ました。とりめしというと鶏肉と野菜を入れた炊き込みご飯だと思っていたのですが、違っていて面白かったです。ということで作ってみました。

 

材料(4〜5人分)

鶏むね肉2枚

ごはん適量

醤油大さじ6

はちみつ大さじ1.5

酒小さじ2

しょうが1片

りんご1/2個

きざみのり適量

半熟卵適量

 

ボウルに醤油、はちみつ、酒を入れて、しょうがとりんごをすりおろして入れて混ぜます。

鶏むね肉を漬け込んで、常温で1時間放置します。または冷蔵庫で数時間から一晩漬け込んでもいいです。

オーブンを180℃で予熱しておきます。

トレイにオーブンシートを敷き、汁気を切った鶏むね肉を並べて、アルミホイルをかぶせてオーブンに入れます。

35分焼いたら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。

半熟卵を茹でておきます。

残ったつけダレは鍋で一煮立ちさせておきます。

鶏むね肉が冷えたら薄く大きく、そぎ切りにします。

炊き立てごはんを丼に盛ります。

薄く切った鶏むね肉を鍋のタレにどぶん、と浸したら、ごはんの上に並べていきます。半熟卵ときざみのりを盛り付けて、さらにタレをひとたらししたら完成です。

今回はオーブンで焼きましたが、フライパンで焼いてもできると思います。

甘辛いタレが間違いなくおいしいやつです。

白髪ネギをのっけるのもいいな、と食べながら思いました。

 

料理は自由だ!

糸こんにゃくの煮物

糸こんにゃく。地味な存在ですが、たまには主役として。甘辛く炒め煮にして超スピード簡単おつまみに。

 

材料(小鉢3皿分くらい)

糸こんにゃく(アク抜き不要、200g)1袋

酒大さじ2

醤油大さじ1

砂糖大さじ1

ごま油小さじ2

ごま適量

 

糸こんにゃくをザルにあけて流水で洗い、水気を切ります。今回はアク抜き不要なものなので洗うだけでしたが、アク抜きが必要なものは茹でてから流水で洗ってください。

フライパンを熱し、ごま油を引き、糸こんにゃくを入れて炒めます。

箸で混ぜながら、水分を飛ばすように強火で炒めます。

水分がなくなり、チリチリと音がしたら酒、醤油、砂糖を入れて混ぜます。

煮汁が少なくなったら完成です。

器に盛り付け、ごまをふっていただきます。

お好みで、唐辛子の輪切りを入れてピリ辛にしても。

ちょっとしたおつまみにどうぞ。

麻婆春雨

意外とカロリーが高いという事がわかってから、ちょっと出番が減ってしまった春雨。ピリ辛のひき肉と煮込むと、ごはんに良く合うおかずに。まあカロリーのことは今夜は忘れて。

 

材料(4〜5人分)

豚ひき肉250g

春雨180g

ネギ白い部分1本

ニンニク1片

しょうが1片

豆板醤小さじ1(お好みで増量可)

水400cc

醤油大さじ4

酒大さじ2

砂糖大さじ1

中華スープの素小さじ2

ごま油小さじ2

油適量

 

お湯を沸かし春雨を2分ほど茹でてザルにあげます。

ニンニク、しょうが、ネギはみじん切りにしておきます。

フライパンを熱し油を引き、ニンニク、しょうが、ネギを入れて、香りが立ったら豚ひき肉、豆板醤を入れてほぐしながら炒め合わせます。

ひき肉の色が変わったら、水、醤油、酒、砂糖、中華スープの素を入れて、沸騰したら春雨を入れます。

グツグツと10分ほど煮込んで汁気が少なくなってきたら、ごま油を回し入れて完成です。

ひき肉の旨みとピリ辛を吸った春雨がおいしいメインのおかずになります。

 

料理は自由だ!

 

 

 

ツナとごぼうの炊き込みご飯

ツナ缶を使って、簡単に炊き込みご飯を。ツナだけでもできますが、食感がいいごぼうを合わせました。

 

材料(ご飯2合分)

米2合

ツナ1缶

ごぼう1/3本

醤油大さじ2

水300cc

 

米を洗い水気を切っておきます。

ごぼうはあらみじん切りにします。

炊飯器に、米、水、醤油、ごぼう、ツナを汁ごと入れます。軽く混ぜて炊飯スイッチをオンします。

これでできあがりです。

具材はその他の野菜でもOKです。

玉ねぎ、人参、きのこ類でも。

ちなみにツナじゃなく、サバ缶でも。

サバの方がクセがあるかなと思い、しょうがとネギを入れてみました。

 

料理は自由だ!

ふりふりキャベツサラダ

材料を全てビニール袋に入れてふりふり混ぜるだけでできるキャベツサラダです。楽しい作業なので子ども達にお手伝いさせると喜んでやってくれます。キャベツの大量消費にもいいです。

 

材料(4〜5人分)

キャベツ500g

人参100g

玉ねぎのすりおろし大さじ1

酢大さじ2

砂糖大さじ2

オリーブ油大さじ2

塩小さじ1/2

胡椒少々

 

キャベツ、人参を千切りにします。お好みであらみじん切りにしてもいいです。

ビニール袋に材料全てを入れて口をしっかりと握り、揉み込むように、ふりふりします。

手の出演は中1の娘です。

よく混ざったら盛り付けて完成です。

思い立ったらすぐにできるので、ちょっと献立に野菜が少ないな、という時によく作ります。

野菜全体の重さを変えないように、他の野菜を入れてもいいですね。

 

料理は自由だ!

 

アボカド丼

アボカドはいろんなものに合うスペシャルな食材だと思います。その中でもウチで最も簡単で、最も登場回数が多いのはアボカド丼。いろんなものに合うと言いながら結局シンプル、ダイレクトがNo.1。

 

材料(4〜5人分)

アボカド3個

きざみのり適量

ごはん適量

醤油適量

わさびお好みで

 

アボカドは適度に熟したものを使います。硬すぎず、柔らかすぎず。

縦半分に切り込みを入れて割り、タネを取り、皮をむいて、2cm角くらいの大きさに切って器に盛り付けます。

ウチにはきざみのりがなかったので板のりをハサミで切りました。

準備はこれだけです。

各自、ごはんの上にアボカド、のりをのせて、醤油をかけていただきます。

お好みでわさびを混ぜながら。

これが合う。

超絶簡単にできて、油断してるとすぐになくなってしまうほど人気メニューです。

遠い異国のアボカドが、醤油やわさびと合うなんて、凄いことだなぁと感心します。

 

料理は自由だ!


料理レシピ集ランキング

きのこのホイル焼き

アルミホイルの凄さがよく分かるホイル焼き。包んで焼くだけなので他の料理を作っている間にできちゃいます。旨味が閉じ込められるので、香りの良いきのこにはぴったりな調理法だと思います。

しめじとえのきのホイル焼き

材料(2〜3人分)

しめじ1/2パック

えのきだけ1/2パック

バター10g

醤油適量

 

しめじとえのきだけは軸の部分を切り落として、手で食べやすい大きさにほぐします。

アルミホイルを余裕を持って切り取って広げ、真ん中にしめじとえのきをのせ、バターを上にのせて包みます。フライパンに入れてフタをして火にかけます。中火で10分ほど、フタを開けて様子を見てアルミホイルの中がフツフツと沸いていたらOKです。

アルミホイルを開き、醤油をたらしたら完成です。

きのことバターの香りがたまらなく良いです。

こちらは舞茸とネギを入れたもの。

お好みでポン酢や塩胡椒でもいいですね。

 

料理は自由だ!


料理レシピ集ランキング

高野豆腐と椎茸の煮しめ

干し椎茸と昆布のだしがジュワッと染みた高野豆腐。ホッとする大人の味、子ども達にはまだまだ分からない世界かな、と思いながら作りました。

 

材料(4〜5人分)

高野豆腐10個(今回は小さくて戻さずに使えるものを使いました)

干し椎茸8個

昆布5g

ごぼう適量

人参適量

醤油大さじ1

みりん大さじ1

砂糖大さじ1

 

干し椎茸と昆布を400ccの水で戻します。できれば一晩かけてやりたいところです。戻し汁ごと煮るので鍋に入れて戻します。

干し椎茸の軸の部分を取り、昆布を食べやすい大きさに切り、鍋に入れます。

ごぼうは斜め切りに、人参は半月切りにして鍋に入れます。

醤油、みりん、砂糖を入れて火にかけます。

煮たってきたら弱火にして高野豆腐を入れます。今回は戻さずにそのまま煮込める高野豆腐を使いました。通常のものを使う方はぬるま湯で戻し、食べやすい大きさに切って入れてください。

弱火で15分くらい煮たら火を止め、そのまま冷ましたら完成です。

ごぼうと人参を入れましたが、具材はお好みで。こんにゃく、れんこん、大根、いんげんなどを入れても。

こちらはおせちに入れたものです。

 

料理は自由だ!


料理レシピ集ランキング