パンくずリスト
  • ホーム
  • 投稿者 : kitchenpapa
投稿者:kitchenpapa
  • ベーコンエッグ丼

    飯.麺.汁物

    ひとり飯に最高です。なんかいけない事してる感がいいんです。材料(1人分)卵1個ベーコン1枚醤油お好みの量油少々まずはベーコンエッグを作ります。フライパンに一口大 ...

  • かぼちゃの煮物

    副菜

    作ったの2度目です。放置しすぎて煮過ぎ、トロトロになっちゃいました。材料(作りやすい分量)かぼちゃ1/2個塩少々水400cc薄口醤油大さじ3砂糖大さじ2みりん大 ...

  • とろろ汁

    主菜

    子どもの頃、ばあちゃんと一緒に作った、思い出の味。材料(4〜5人分)長芋1本(400g)だし500cc薄口醤油大さじ1.5みりん大さじ1.5きざみのり適量出汁を ...

ひとり飯に最高です。なんかいけない事してる感がいいんです。

材料(1人分)

卵1個

ベーコン1枚

醤油お好みの量

油少々

 

まずはベーコンエッグを作ります。

フライパンに一口大に切ったベーコンを並べます。この時に卵を割り入れるポジションを決めて、そこを空けるようにします。5枚のベーコンで卵を囲むように。まだ卵は入れませんが。

ベーコンを並べたら火をつけます。卵を割り入れるポジションに油を少し引きます。火は強火で。

ベーコンがチリチリと音を立てて来たら、卵を割り入れます。ジュっと音を立てて白身が透明から白に変わって来たら、弱火にしてフタをします。

3分くらいたったらフタを開けて黄身の様子を見ます。お好みの半熟具合で火を止めます。

丼にごはんをよそい、ベーコンエッグをドンとのせて完成です。

黄身を箸で割って、醤油をかけて、豪快に混ぜながらいただきます。

 

またお行儀の悪いことをしてしまいました。失礼しました。

ごはんとベーコンエッグの間に千切りキャベツを入れてもおいしそうですね。

 

料理は自由だ!

じゃがいも大量消費。末っ子次男はポテサラが止まりません。

ほくほく茹でじゃが。

材料

じゃがいも大量

塩、胡椒、バターなど、お好みで

 

ほくほく茹でじゃがと、ポテトサラダを一度に作るので、たくさんのじゃがいもを用意します。

まずじゃがいもを洗います。皮付きのまま鍋に入れて、水をじゃがいもがかぶる程度に入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にしてフタをして、15分ほど茹でます。箸などで刺して、スッと刺せればOKです。火を止めてザルにあげます。

小さなじゃがいもはそのまま、大きなじゃがいもは一口大に切って、お皿に盛り付けます。もうこれだけで、ほくほく茹でじゃがは完成です。

塩、胡椒、バターを各自でつけながらアツアツをいただきます。

残りのじゃがいもはポテトサラダにします。

ポテトサラダ

材料(4〜5人分)

じゃがいも大5個

きゅうり2本

ハム5枚

塩少々

胡椒少々

マヨネーズ大さじ4

 

茹でたじゃがいもは皮をむき冷ましておきます。

例えば、今晩は茹でじゃがを食べているので、ポテトサラダは明日のお弁当、または明日の晩ご飯ということになります。

きゅうりを薄く切り、軽く塩もみして10分ほど、水を切っておきます。

ハムは細く切ります。

じゃがいもをフォークなどでつぶし、きゅうり、ハムを加えて、塩、胡椒、マヨネーズで味付けをして完成です。

茹で卵、ベーコン、玉ねぎなどを加えてもいいですが、やっぱりどシンプルなポテトサラダが好きです。

ポテトサラダを作るのは意外と手間がかかりますが、今日は茹でじゃが、明日ポテサラ。と考えれば、ちょっと気楽に出来るかな、と思います。

料理は自由だ!

 

作ったの2度目です。放置しすぎて煮過ぎ、トロトロになっちゃいました。

材料(作りやすい分量)

かぼちゃ1/2個

塩少々

水400cc

薄口醤油大さじ3

砂糖大さじ2

みりん大さじ2

 

かぼちゃ大きいの半分のレシピです。

かぼちゃはタネを取り食べやすい大きさに切ります。

切ったかぼちゃをボウルに入れて塩少々を振り、手で揉み込んで10分ほどおきます。

鍋に水400cc、薄口醤油大さじ3、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、とかぼちゃを入れ、落とし蓋をして20分ほど煮て完成です。

今回、他のメニューを作りながらで火を止めるの忘れてました。おかげでかなりトロトロ状態になってしまいました。

次作る時は上手く作れますように。

料理は自由だ!

 

子どもの頃、ばあちゃんと一緒に作った、思い出の味。

 

材料(4〜5人分)

長芋1本(400g)

だし500cc

薄口醤油大さじ1.5

みりん大さじ1.5

きざみのり適量

 

 

出汁を取り薄口醤油とみりんで味付けして、冷やしておきます。

だしは通常より濃いめに取るととてもおいしくできます。今回は昆布とかつお節で作りましたが、いりこを使ってもまた違った感じでいいと思います。

とろろを伸ばす役割なので少し濃いなと感じるくらいの味付けにしておきます。色を濃くしたくないので薄口醤油を使いましたが、濃口醤油でもいいと思います。

長芋の皮をむき、すりおろします。大きなすり鉢があれば、すり鉢のへりに擦り付けるようにするとより滑らかになります。

すりこ木ですりながら、出汁を少しずつ入れて混ぜ合わせていきます。お玉一杯ずつ入れて伸ばしていく感じです。ウチには大きなすり鉢がないので、途中からはボウルでまぜました。

 

お好みのとろみ具合、味になったら完成です。

ごはんにかけて、刻み海苔をのせていただきます。

ばあちゃんの手伝いでお玉一杯ずつ出汁を入れる役をやっていました。

食べるとごはん3杯4杯止まらなくなってました。懐かしい。

地域によっては味噌で味付けするところもあるらしいので、一度試してみたいと思います。

料理は自由だ!