カテゴリー:主菜
  • ゴーヤチャンプルー

    主菜

    ゴーヤ、好きですね。沖縄も大好きです。ゴーヤー、ゴーヤ、どっちが正しいのかわからない。材料(4〜5人分)ゴーヤ1本豚肉薄切り150g(ランチョンミートでも可)木 ...

  • じゃがいものチーズ焼き

    主菜

    子ども達はどうしてここまでチーズが好きなのだろう。僕が子どもの頃はあまりチーズが身近ではなかった気がします。今は便利な食材として必ず冷蔵庫に入っています。メニュ ...

  • 卵とキクラゲの炒め物

    主菜

    卵のふんわりとキクラゲのコリコリがいいです。卵だけ先に炒めておくのがポイントです。材料(4〜5人分)卵3個豚肉(バラでも小間切れでも)150g乾燥キクラゲ10g ...

ゴーヤ、好きですね。沖縄も大好きです。ゴーヤー、ゴーヤ、どっちが正しいのかわからない。

材料(4〜5人分)

ゴーヤ1本

豚肉薄切り150g(ランチョンミートでも可)

木綿豆腐1/2丁

玉ねぎ1/2個

人参1/3本

酒大さじ1

塩小さじ1

醤油小さじ1

胡椒少々

卵2個

 

ゴーヤは縦半分に割ってスプーンでワタ、タネを取ります。5ミリくらいに切りボウルに入れて塩もみします。10分ほどおいたら湯でサッと茹でます。30秒くらい。ザルにあげておきます。

豆腐は軽く水切りしておきます。

玉ねぎ、人参は薄く切り、豚肉は一口大に切ります。豚肉ではなくランチョンミートでも。そちらが本来のようですね。

フライパンを熱して油を引き、豚肉を炒めます。色が変わったら玉ねぎ、人参、ゴーヤを入れて更に炒めます。

豆腐を手で崩しながら入れ、酒、塩、胡椒、醤油で味付けします。

最後に溶き卵を回しかけ、全体をさっくり混ぜたら完成です。

仕上げの溶き卵が決め手でまろやかな味になります。考えた人、天才。

料理は自由だ!

 

 

 

子ども達はどうしてここまでチーズが好きなのだろう。僕が子どもの頃はあまりチーズが身近ではなかった気がします。今は便利な食材として必ず冷蔵庫に入っています。

メニューを考え作りはじめてから、

このメニューだと子ども達はあまり食べるものがないな…と感じることがあります。メインが焼き魚とか、シブい煮物とか。

そんな時は、チーズ。何かにチーズをのっけて焼くだけで子ども達は喜びます。とりあえずウチはそうです。

 

材料(4〜5人分)

じゃがいも 大3個

ピザ用チーズ じゃがいもが隠れるくらいたっぷり

胡椒少々

 

じゃがいもは皮付きのまま、棒状に切ります。拍子切り?

オーブン皿にクッキングペーパーを敷きじゃがいもを並べ、200℃で焼きます。

10分くらいで様子を見て、じゃがいもがいい感じになっていたらチーズをたっぷりのせて更に加熱します。

チーズが溶けたら完成です。

お好みで胡椒をかけていただきます。

オーブン皿をそのままテーブルにドーンと並べるので、じゃがいもだけでも主役の風格。焼き魚が脇役になってしまいます。

 

じゃがいもはもともと子ども達に人気ですから、さらにチーズが加われば間違いないっていう感じです。

 

じゃがいも以外にも、かぼちゃ、ナス、ブロッコリー、カリフラワー、などで作っても間違いないです。

 

料理は自由だ!

 

卵のふんわりとキクラゲのコリコリがいいです。卵だけ先に炒めておくのがポイントです。

材料(4〜5人分)

卵3個

豚肉(バラでも小間切れでも)150g

乾燥キクラゲ10g

玉ねぎ1個

醤油大さじ2

酒大さじ1

胡椒少々

ごま油小さじ1

 

 

乾燥キクラゲは水で戻しておきます。

豚肉は一口大、玉ねぎを薄切り、キクラゲはお好みで一口大か細切りに。

フライパンをよく熱し、油多めに入れます。

溶き卵を入れ手早く混ぜて、半熟状態で取り出します。

そのままのフライパンで豚肉を炒め、色が変わったら、玉ねぎ、キクラゲを投入。

醤油、酒、胡椒、で味付けをします。

卵を再投入して軽く混ぜ、ごま油を入れて、完成!

具材、しめじやエリンギ、長ネギ、人参に替えても良さそうです。

味付けのところ。あればオイスターソース大さじ1を入れると本格的な味になります。

他にも甘みを効かせたいときは砂糖、鶏がらスープの素と水を入れて水溶き片栗粉でトロミをつけてもいいですね。

 

料理は自由だー!