カテゴリー:飯.麺.汁物
  • だしを取る

    飯.麺.汁物

    料理のレシピを見ていて、「だし」と書いてあるとあきらめていませんか。気持ちはわかります、僕自身もそうでした。しかし、平日の朝は味噌汁を作るという習慣をつけてから ...

  • 味噌汁の朝

    飯.麺.汁物

    平日の朝は、ごはんと味噌汁で始まります。味噌汁の具を何にするのか、その日1日の流れがそこから始まる気がします。冷蔵庫、野菜室の何が余っているのか、早く使った方が ...

  • ベーコンエッグ丼

    飯.麺.汁物

    ひとり飯に最高です。なんかいけない事してる感がいいんです。材料(1人分)卵1個ベーコン1枚醤油お好みの量油少々まずはベーコンエッグを作ります。フライパンに一口大 ...

料理のレシピを見ていて、「だし」と書いてあるとあきらめていませんか。気持ちはわかります、僕自身もそうでした。

しかし、平日の朝は味噌汁を作るという習慣をつけてからは、だしに対する面倒くささが半減しました。半減であって皆無ではありませんが。

ウチでは朝の味噌汁の為に水800ccを使います。例えば晩ご飯に出汁を使う料理を作るつもりであれば、倍の1600ccのだしを作り、半量を味噌汁に、半量を冷蔵庫に入れておけば良いわけです。

だしの材料はいろいろありますが、よく使うのは昆布とかつお節です。

前日夜から昆布と水を鍋に入れ、冷蔵庫で寝かせます。朝起きたら火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、かつお節を入れます。弱く沸騰する状態を保つ火加減で3分ほどで、火を止めてキッチンペーパーなどで濾します。

いりこ出汁もたまに作ります。この場合は昆布、いりこと水を鍋に入れ、やはり一晩冷蔵庫で寝かせます。朝起きたら火にかけ、沸騰したら昆布を取り出します。弱く沸騰する状態を保つ火加減で10分で火を止めてキッチンペーパーなどで濾します。

だしを濾すのにつかうザルと鍋。

 

どちらもやるのが嫌な時の為に、市販のだしパックを使うこともあります。意外とその時の方が家族の味噌汁の評価が高いこともあり、悔しい思いをしています。

ちなみに800ccの水でだしを取り、60gの味噌をとくと、ほぼピタリと味噌汁の味が決まります。

ただし、使う味噌やだしの沸騰させ具合などで味は変わるので、自分の味噌汁の味付けを数値化しておくと楽です。

何しろ朝は弁当作りもあるし、洗濯物もあるし、大変ですから。数値化する前は、味噌汁の味がなかなか決まらずイライラしてました。

豆腐とわかめの味噌汁。

 

 

順調に弁当のおかずも出来て、あとは盛り付けるだけにしておいて、さあ朝ごはん。だしに味噌をといて味見をする瞬間が大好きです。

 

そして晩ご飯、何にするか決めてなくても、だしさえあれば何でも出来る。そんな気がするありがたさ。

 

かぶと油揚げのだし煮。

だしと醤油とみりんで煮るだけで簡単に一品。だしさえあれば、どうにかなる。

 

料理は自由だ!

 

 

平日の朝は、ごはんと味噌汁で始まります。

味噌汁の具を何にするのか、その日1日の流れがそこから始まる気がします。

冷蔵庫、野菜室の何が余っているのか、早く使った方が良いものは何か。さらに今日の子供達の給食は何か、一番上の息子は高校生なので、弁当はどうするのか、晩ご飯は?などなど、冷蔵庫を物色しつつ、素早く判断していきます。

と言いながら朝の鈍い判断力では、答えはブレブレですが、とりあえず、味噌汁を作り始めれば、何とか一日が動き出していく。そんな気がします。

朝ごはんは、ごはんと味噌汁。

そこに、のり、たらこ、ウィンナー、目玉焼き、納豆、残り物の煮物などから一品。

そして、ぬか漬けなどの漬物の野菜が一品。そんな感じです。

味噌汁の具は豆腐が不動の人気ナンバー1ですかね。豆腐とわかめ、豆腐とネギ。

子どもが小さい頃は味噌汁を嫌がって、残したりしていましたが、最近はそんな事もなくなり、少し成長を感じています。

玉ねぎとわかめの味噌汁。

かぶの味噌汁。

しじみの味噌汁。

大根の味噌汁。

 

 

 

季節によって具材を変えていくのも楽しいです。

 

料理は自由だ!

 

 

ひとり飯に最高です。なんかいけない事してる感がいいんです。

材料(1人分)

卵1個

ベーコン1枚

醤油お好みの量

油少々

 

まずはベーコンエッグを作ります。

フライパンに一口大に切ったベーコンを並べます。この時に卵を割り入れるポジションを決めて、そこを空けるようにします。5枚のベーコンで卵を囲むように。まだ卵は入れませんが。

ベーコンを並べたら火をつけます。卵を割り入れるポジションに油を少し引きます。火は強火で。

ベーコンがチリチリと音を立てて来たら、卵を割り入れます。ジュっと音を立てて白身が透明から白に変わって来たら、弱火にしてフタをします。

3分くらいたったらフタを開けて黄身の様子を見ます。お好みの半熟具合で火を止めます。

丼にごはんをよそい、ベーコンエッグをドンとのせて完成です。

黄身を箸で割って、醤油をかけて、豪快に混ぜながらいただきます。

 

またお行儀の悪いことをしてしまいました。失礼しました。

ごはんとベーコンエッグの間に千切りキャベツを入れてもおいしそうですね。

 

料理は自由だ!

子どもウケを狙って卵たっぷり。さすがに多すぎてちらし寿司に見えません。

材料(4〜5人分)

米3合

ごぼう1/4本

人参1/2本

油揚げ2枚

きゅうり2本

卵4個(多いです)

きざみのり

すし酢3合分

醤油大さじ1.5

酒大さじ1.5

砂糖大さじ1

塩少々

油少々

 

具材を作ります。まずは錦糸卵から。

フライパンを熱して油を薄く引きます。卵一個をボウルに割り入れひとつまみの塩を入れてよく混ぜます。フライパンに卵を投入して、薄く広げます。卵に火が通ったら火を止めてしばらく放置。たまごの周り、端がフライパンから離れるように反ったら、その部分を手で持ち、お皿に移します。これを4枚作り、重ねて三つ折りにして細く切ります。多すぎるのでお好みで調整してくださいね。

 

油揚げ、人参、ごぼうを細切りにして鍋に入れ、醤油、酒、砂糖で煮ます。(ホントは干し椎茸を入れたいところですが、家族5人中2人が嫌いなので入れません)煮汁が少し残るくらいで火を止め、冷ましておきます。

 

炊き立てのごはんに、すし酢、煮た具材を汁ごと混ぜ合わせ、うちわで扇ぎながら手早く混ぜます。

 

細切りにしたきゅうり、錦糸卵を盛り付けて完成です。飯台から取り分けて、刻み海苔をかけていただきます。

 

贅沢に海老やマグロ、いくら、ホタテなどを入れてもいいですが、家のちらし寿司は刺身なしで、が僕は好きです。

 

ウチでは頻度としては手巻き寿司の方が多いですけど、たまにはちらし寿司もいいですね。子どもの頃、桜でんぶが好きだった事をふと思い出しました。

 

後日、錦糸卵を減らして。子ども達に人気のアボカドをたっぷり入れて作りました。

 

料理は自由だ!