カテゴリー:副菜
  • ホルモン味噌焼き

    副菜

    たまに無性に食べたくなるホルモン系、僕だけですか。スーパーでも手軽に買えますし、フライパンでチャチャッと作れます。材料(2〜3人分)ホルモン(今回は豚ホルモン、 ...

  • ふろふき大根

    副菜

    寒い夜はアツアツの大根が食べたくなります。おでんもいいけど、ふろふき大根。甘い味噌がよく合います。材料(4〜5人分)大根1/2本味噌100g砂糖50g酒大さじ2 ...

  • えのきの軸のステーキ

    副菜

    普段は捨ててしまうえのきの軸。普通の料理、たとえば鍋に入れる時にギリギリで切り落とすと、隣同士くっついてはがすのが大変なくらいです。これを逆手に取ってバターで焼 ...

  • ピリ辛こんにゃく

    副菜

    ちょっとしたおつまみにちょうどいい、ピリ辛こんにゃく。例えば煮物にこんにゃくを半分だけ使った時、残りの半分でよく作ります。子ども達はあんまり食べないですが、ほぼ ...

たまに無性に食べたくなるホルモン系、僕だけですか。スーパーでも手軽に買えますし、フライパンでチャチャッと作れます。

 

材料(2〜3人分)

ホルモン(今回は豚ホルモン、牛でももちろん)200g

ネギ適量

味付け調味料

 赤味噌大さじ2

 砂糖大さじ1

 みりん大さじ1

 醤油小さじ2

 しょうがすりおろし少々

 ニンニクすりおろし少々

油適量

 

味付け調味料をボウルに入れてよく混ぜておきます。

フライパンを熱して油を引きホルモンを炒めます。

コロコロと転がしながら炒め、火が通ってぷっくりとした感じになったら、味付け調味料を入れて炒め合わせます。

器に盛り付け、ネギを刻んでのっけたら完成です。

七味や一味唐辛子をお好みでかけていただきます。

あまり長く炒めると硬くなるので注意してください。今回は豚ホルモンを使いましたが、もちろん牛でも。

赤味噌がなければ普通の味噌でもできますが、濃厚な赤味噌がよく合います。

 

料理は自由だ!

 

 

寒い夜はアツアツの大根が食べたくなります。おでんもいいけど、ふろふき大根。甘い味噌がよく合います。

 

材料(4〜5人分)

大根1/2本

味噌100g

砂糖50g

酒大さじ2

みりん大さじ1

 

大根を3cmくらいの幅に切り皮をむきます。

米のとぎ汁で柔らかくなるまで中火で茹でます。とぎ汁がない場合は水に米を一掴み入れて茹でてください。

竹串がスッと入るくらい柔らかくなったらザルにあげて水で洗います。

鍋を洗い、または別の鍋に昆布を敷き、洗った大根をのせます。ひたひたになるくらい水を入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にして15分ほど煮ます。

味噌ダレを作ります。

小鍋に味噌、砂糖、酒、みりんを入れて弱火にかけます。焦げないように混ぜながら、ふつふつとしてきたらOKです。

大根を煮た鍋をそのまま食卓に。味噌ダレを深皿に移して添えて、各自小鉢に取り分けていただきます。

味噌は赤味噌、合わせ味噌、お好きなものを使ってください。何種類か混ぜるのもアリですね。

 

料理は自由だ!

普段は捨ててしまうえのきの軸。普通の料理、たとえば鍋に入れる時にギリギリで切り落とすと、隣同士くっついてはがすのが大変なくらいです。これを逆手に取ってバターで焼いてステーキにしてみました。

 

材料(2〜3人でつまむ程度)

えのきの軸2株分

バター25g

醤油適量

かつお節少々

 

えのきの軸の一番下の部分を切り落とし、

ここは捨てます。

切った所から1.5cmくらいの幅で2回切ります。

残った部分は他の料理に使ってください。

フライパンにバターを入れて火にかけます。

バターが溶けたらえのきの軸を入れて中火で焼いていきます。

焼き色がついたらひっくり返し、弱火にしてじっくり焼きます。

醤油をえのきの軸にたらりと落とし吸わせます。

両面いい色に焼けたら器に盛り付け、かつお節をかけたら完成です。

 

お好みでかつお節ではなく、胡椒をふりかけても。

えのき全体を使ってバター炒めするよりも濃厚な味。ホタテなどの貝をバター焼きにしたような感じです。

 

料理は自由だ!

ちょっとしたおつまみにちょうどいい、ピリ辛こんにゃく。例えば煮物にこんにゃくを半分だけ使った時、残りの半分でよく作ります。子ども達はあんまり食べないですが、ほぼ僕のおつまみ用。またはお弁当のすみっこにひっそりと忍ばせてもいいですね。

 

材料(おつまみとして2皿分くらい)

こんにゃく1/2枚

醤油大さじ1

みりん小さじ2

砂糖小さじ1

ごま油小さじ1

唐辛子お好みで

 

こんにゃくは洗って、格子状に切れ目を入れて食べやすい大きさに切ります。味が染み込みやすいので生意気に格子状に切れ目を入れましたが、切れ目なくてもできます。

アク抜きが必要なら、茹でてアク抜きを。今回のこんにゃくは必要なかったのでそのまま。

小鍋にその他の材料を入れて煮立てて、こんにゃくを入れます。混ぜながら、汁気がなくなってきたら完成です。

これは別の日に格子状に切れ目を入れないで作った時のものです。大丈夫、できます。

簡単にできるので、あと一品欲しい時なんかに便利です。また唐辛子なくてもできるのでお子様にもどうぞ。

 

料理は自由だ!