子どもウケを狙って卵たっぷり。さすがに多すぎてちらし寿司に見えません。

材料(4〜5人分)

米3合

ごぼう1/4本

人参1/2本

油揚げ2枚

きゅうり2本

卵4個(多いです)

きざみのり

すし酢3合分

醤油大さじ1.5

酒大さじ1.5

砂糖大さじ1

塩少々

油少々

 

具材を作ります。まずは錦糸卵から。

フライパンを熱して油を薄く引きます。卵一個をボウルに割り入れひとつまみの塩を入れてよく混ぜます。フライパンに卵を投入して、薄く広げます。卵に火が通ったら火を止めてしばらく放置。たまごの周り、端がフライパンから離れるように反ったら、その部分を手で持ち、お皿に移します。これを4枚作り、重ねて三つ折りにして細く切ります。多すぎるのでお好みで調整してくださいね。

 

油揚げ、人参、ごぼうを細切りにして鍋に入れ、醤油、酒、砂糖で煮ます。(ホントは干し椎茸を入れたいところですが、家族5人中2人が嫌いなので入れません)煮汁が少し残るくらいで火を止め、冷ましておきます。

 

炊き立てのごはんに、すし酢、煮た具材を汁ごと混ぜ合わせ、うちわで扇ぎながら手早く混ぜます。

 

細切りにしたきゅうり、錦糸卵を盛り付けて完成です。飯台から取り分けて、刻み海苔をかけていただきます。

 

贅沢に海老やマグロ、いくら、ホタテなどを入れてもいいですが、家のちらし寿司は刺身なしで、が僕は好きです。

 

ウチでは頻度としては手巻き寿司の方が多いですけど、たまにはちらし寿司もいいですね。子どもの頃、桜でんぶが好きだった事をふと思い出しました。

 

料理は自由だ!