普段は捨ててしまうえのきの軸。普通の料理、たとえば鍋に入れる時にギリギリで切り落とすと、隣同士くっついてはがすのが大変なくらいです。これを逆手に取ってバターで焼いてステーキにしてみました。

 

材料(2〜3人でつまむ程度)

えのきの軸2株分

バター25g

醤油適量

かつお節少々

 

えのきの軸の一番下の部分を切り落とし、

ここは捨てます。

切った所から1.5cmくらいの幅で2回切ります。

残った部分は他の料理に使ってください。

フライパンにバターを入れて火にかけます。

バターが溶けたらえのきの軸を入れて中火で焼いていきます。

焼き色がついたらひっくり返し、弱火にしてじっくり焼きます。

醤油をえのきの軸にたらりと落とし吸わせます。

両面いい色に焼けたら器に盛り付け、かつお節をかけたら完成です。

 

お好みでかつお節ではなく、胡椒をふりかけても。

えのき全体を使ってバター炒めするよりも濃厚な味。ホタテなどの貝をバター焼きにしたような感じです。

 

料理は自由だ!