ぎょうざ作る日はぎょうざだけ。他に何も作りません。

我が家五人家族で、70個ほど作ります。

まずはタネ作りから。

豚ひき肉 500g

キャベツみじん切り 500g

ニンニクすりおろし お好みの量

生姜すりおろし お好みの量

醤油、酒、ごま油 各大さじ2

塩 小さじ1

以上をよく混ぜます。ニラを入れる場合はキャベツをその分減らして、肉対野菜を1対1にして下さい。

これでタネは出来上がりです。今回ニラ入りです。

皮は市販のものを使います。いつか皮から手作り、やってみたいとは思ってます。

包んでいきます。皮を左手の平にのせ、スプーンで取ったタネを皮の上の方に置き、右手親指と人差し指で皮の右側から閉じていきます。

ごめんなさい、説明が下手すぎますね。写真も撮り忘れてしまいました。

包むとこんな感じです。

フライパンで焼きます。

油を入れたフライパンをよく熱し、ぎょうざを敷いていきます。ここで水を入れてフタをするのですが、水ではなく、お湯を入れると断然美味しくなります。お湯の量はぎょうざの高さの半分ほど。

水分がなくなったら、焦げ目を確認して完成です。

真ん中っ子の長女が小学3年くらいから、包み方を教えていたのですが、中学1年になった今、もう立派に包めるようになりました。

最近では、朝のうちにタネを作り冷蔵庫に入れておけば、学校から帰ってきて全て包んでくれてあるので、とても助かります。それも彼女自身も食べたいので喜んでやってくれています。素晴らしい。

 

料理は自由だ!