かんぴょう巻き。子どもの頃から大好きで、今でもたまに食べたくなってスーパーで買ってしまう時があります。手軽に買えるのと裏腹に、作ってみると意外と手間がかかります。ですが自分で作るとおいしさも一段上に感じるのも不思議です。

まずはかんぴょう煮から。

材料(作りやすい分量)

かんぴょう1袋(30g)

塩小さじ1

煮汁

 水150cc

   酒大さじ2

   みりん大さじ2

   醤油大さじ1.5

 

かんぴょうをたっぷりの水で戻します。10分程。

水を捨て、塩でもみ洗いします。保存料?漂白剤?を落とす為、よくもんで洗います。

水を入れてザブザブとさらに洗います。

新しい水を入れた鍋を火にかけ茹でます。

沸騰したら中火にして3分程、ザルに上げて水気を切ります。

鍋に煮汁の材料、水気を絞ったかんぴょうを入れて火にかけます。

沸騰したら弱火で、時々混ぜながら20分程煮たら完成です。

そのままつまむなら、食べやすい長さにカットして、わさびを添えていただきます。

 

続いてかんぴょう巻き。

酢飯は今回はすし酢を使い簡単に作りました。

巻きすにのりを置き、酢飯を薄く広げます。

かんぴょうを横一文字に、中央より手前に並べます。

手前から巻きすでグッと巻きます。写真がなくてわかりづらいですね、ごめんなさい。

切り分けたら完成です。

まだまだ経験不足で下手くそですが、練習して上手になりたいです。

目標は豪華な手作り恵方巻き。

 

料理は自由だ!