寒い日は恋しくなる、おでん。意外と家で作るのは手間がかかります。休みの日に午前中から準備してじっくりと煮込めば夕方から、おでん屋さん開店です。

 

材料(4〜5人分)

水2ℓ

かつお節(できれば厚削りのもの)60g

昆布30g(具材としても使うので適当な大きさにカット、結び昆布を使う場合はそれでもOKです)

醤油100cc

酒70cc

砂糖大さじ2

薄口醤油大さじ1

塩小さじ1

 

今回の具材

 大根、玉子、厚揚げ、こんにゃく、

 がんも、ちくわ、ロールキャベツ、

 じゃが天、昆布

 

水に昆布、キッチンペーパーに包んだかつお節を一時間ほど漬け込みます。火にかけて、沸騰したら弱火にして味付けの調味料を入れて、15分したら火を止めておきます。

具材を準備します。

大根をおでんらしい大きさに切り(ウチでは厚めの半月)、米のとぎ汁で柔らかくなるまで茹でます。

茹でたらザルにあげて流水で洗います。

卵は茹でて殻をむきます。

こんにゃくは食べやすい大きさに切り、水から茹でます。

厚揚げ、がんも、じゃが天は茹でて油を落とします。

これだけ書いていても面倒だなと感じてしまいます。それでもできあがりの時を考えると、また作ろうと思えるのが不思議です。

具材を全てだしに入れて煮込んでいきます。

弱火でコトコト、一時間ほど煮込んだら火を止めて放置して、食べる30分くらい前から再び点火して温めて、完成、開店です。

今回は一番下の二男がメニューを書いてくれました。

みんな好きなものを注文してくるので、おでん屋のおっさん(僕)が取り分けます。

カラシを添えていただきます。

やっぱり楽しい、そして日本酒が沁みること。

 

料理は自由だ!