おにぎりは、弁当や休日の朝、ホームパーティーなどによく作ります。

もともと妻がよく作っていたおにぎり、程よく小さくて食べやすく大好きです。妻が作る料理の中で一番好きかもしれません。いい意味で。

いざ自分で作ってみると、なかなか妻のようにうまく出来ず、難しいものだなと体感しました。

今では高校生の長男の弁当に、通常のご飯とは別に早弁用(午前中の休み時間に食べてるらしい)おにぎりを小2個、毎日のように作っています。

今回はレシピではなく、今まで作ったおにぎりをいろいろ紹介していきます。

 

じゃこ菜飯おにぎり。

小松菜やかぶの葉を塩もみして、しばらくおいたものにじゃことごまを混ぜ込みます。

 

味噌おにぎり。

手に味噌をベットリとつけてご飯をにぎります。

おかかおにぎり。

ご飯にかつお節と醤油を入れて混ぜ合わせます。

 

ひじきごはんのおにぎり。

ひじき煮が余った時に。

 

さつまいもごはんのおにぎり。

芋ご飯が余ったので。ごま塩をふって。

 

天かすおにぎり。

悪魔のおにぎりなんて言われてますが。

天かす、めんつゆをまぜあわせて。

 

肉巻きおにぎり。

豚肉の薄切りに丸めたご飯を巻きつけて、フライパンで転がしながら焼き、醤油とみりんを入れて煮詰めます。

 

梅おにぎりのしそ巻き。

刻んだ梅干しをご飯に混ぜて、大葉で巻きにぎります。

 

例えば休日の昼に、ご飯と味噌汁だと子ども達はなんとなくノリの悪い感じですが、おにぎりを作ると喜んで食べる。なんていうことも。おにぎりは楽しくて不思議な食べ物です。

 

料理は自由だ!