記事一覧
  • 夏でも豚汁

    飯.麺.汁物

    八月に撮った画像より。うちの子供達は味噌汁をあまり好みませんが、豚汁は大好きです。材料(4〜5人分)豚バラ肉200g水1リットルごぼう、人参、こんにゃく、油揚げ ...

  • 枝豆を茹でる

    副菜

    ビールには、枝豆。はずせない、、やっぱり茹でたてが一番です。スーパーで枝豆を買うと、大抵袋に茹で方が書いてありますよね。意外と買うたびに違うやり方が書いてあった ...

  • おかかきんぴら

    副菜

    ごぼうはもちろん、きんぴらはいろいろ、肉を入れればボリュームアップで主菜にもなります。今回はかつお節を入れておかかきんぴらに。ごぼうのおかかきんぴら。材料(作り ...

  • 卵とキクラゲの炒め物

    主菜

    卵のふんわりとキクラゲのコリコリがいいです。卵だけ先に炒めておくのがポイントです。材料(4〜5人分)卵3個豚肉(バラでも小間切れでも)150g乾燥キクラゲ10g ...

  • はじめまして

    その他

    こんにちは。料理が好きな三児のパパ、kitchenpapaと申します。本日より、ブログを始めます。夕方、今夜の晩ごはん何を作ろうかと考えるのが、たまらなく好きな ...

干し椎茸と昆布の佃煮、いりこと昆布の佃煮

出汁を取った後もちゃんと食べてあげたい。ただの貧乏性ですけど、やっぱり捨てたくないんです。

干し椎茸と昆布の佃煮。

出汁を取った後のダシガラ、捨てるのはもったいないですよね。

何かに使うだろうと冷蔵庫に入れておいても、忘れてしまったり、面倒くさかったり、、

作る時は、出汁を取った後すぐ、じゃないと作れた試しがありません。なので少量です。

 

出汁を取った後の鍋に、鰹節、昆布、椎茸を細切りにして入れます。

砂糖、醤油を適当にいれ、煮立てます。

混ぜながら汁気を飛ばして、ちょっと味見をしてみて、味が濃いようなら酒をちょっと入れます。さらに汁気が飛んだら完成です。

 

いりこと昆布の佃煮。

次はいりこだしを取った後。

これもさっきのと同じようにして煮詰めていきます。

 

ごはんにも、おつまみにも、お弁当にも。冷奴にのせたり、チャーハンに入れたり、卵焼きに混ぜたり。

ウチでよくやるのは、ごはんに混ぜ込んでおにぎりに。週末のお昼ごはんなんかによく作ります。

 

料理は自由だ!

夏でも豚汁

八月に撮った画像より。うちの子供達は味噌汁をあまり好みませんが、豚汁は大好きです。

材料(4〜5人分)

豚バラ肉200g

水1リットル

ごぼう、人参、こんにゃく、油揚げ、ナス、なめこ、みょうが(今回冷蔵庫にあったもの)

味噌85g

 

 

豚汁を作る時は冷蔵庫、野菜室を片付けたい時です。

基本的には冬、豚肉と根菜類、こんにゃくなどでしょうか。

この日の具材は、ごぼう、人参、こんにゃく、油揚げ、ナス、なめこ、みょうが、そして豚肉。

とにかく色々切って、鍋にぶち込んで、煮込んで、味噌溶かすだけでいいから、何にも考えずに出来ちゃいます。

そして野菜室がさっきよりスッキリ、この瞬間が気持ちいいんですよね。

豚汁のその他の具材といえば、大根、ネギ、玉ねぎ、里芋、豆腐、しいたけ、しめじ、れんこん、などなど。

 

料理は自由だ!

枝豆を茹でる

ビールには、枝豆。はずせない、、やっぱり茹でたてが一番です。

スーパーで枝豆を買うと、大抵袋に茹で方が書いてありますよね。意外と買うたびに違うやり方が書いてあったりして。

もちろんそれぞれの枝豆の作り手さんのおすすめのやり方を書いてあるわけで、その通りに作れば良いのですが、いつも同じやり方で安定した茹で方を自分なりに考えました。

まず、枝豆が浸かる程度のお湯を沸かします。塩は入れません。

枝豆をざるに入れ洗います。

沸騰したお湯に枝豆を投入。タイマー3分。時々混ぜながら、、

3分たったらざるに上げて、水気を切ります。

まだアツアツの枝豆をボウルに入れ、塩を入れて混ぜます。アツアツなのでボウルを振ったり回すようにして。

時々混ぜながら粗熱が取れてきたら、一個、一房、食べてみます。塩加減はどうか、足りないなら塩を追加、また混ぜます。

こんな感じで味見しながら仕上げていきます。

出来上がりまでにだいぶ減っちゃったりして、それもまた楽しい、枝豆。

料理は自由だ!

 

 

おかかきんぴら

ごぼうはもちろん、きんぴらはいろいろ、肉を入れればボリュームアップで主菜にもなります。今回はかつお節を入れておかかきんぴらに。

 

ごぼうのおかかきんぴら。

材料(作りやすい分量)

ごぼう1/3本

人参適量(ごぼうとのバランスで)

かつお節3g(だしを取った後のものでもOK)

醤油大さじ1

砂糖大さじ1/2

みりん大さじ1/2

ごま油大さじ1/2

 

ごぼうと人参を細切りにします。フライパンを熱してごま油を引き、ごぼうと人参を炒めていきます。

ごぼうと人参がしなっとなってきたら、醤油、砂糖、みりんを入れて混ぜます。強火で汁気が少なくなるまで炒めたら、最後にかつお節を入れて混ぜたら完成です。

お好みで唐辛子の輪切りを入れてピリッと辛みを効かせても。

かつお節はだしを取った後のものでもOKです。その場合は、最後に入れるのではなく味付けをする時に入れて炒め合わせるといいです。

 

 

ナスとピーマンのおかかきんぴら。

続いてはナスとピーマンで。

ナスとピーマンは細切りにします。

フライパンにごま油を熱して炒めます。

ナスがしなっとしてきたら、醤油、砂糖、みりんで味付け、かつお節をふりかけて混ぜたら完成です。

おかずにも、おつまみにも、お弁当にもぴったりです。

ごぼう、ナス、ピーマン、れんこん、大根、人参、じゃがいも、かぼちゃ、うど、などなど…

きんぴらはごぼうだけじゃない。

 

料理は自由だ!

 

 

卵とキクラゲの炒め物

卵のふんわりとキクラゲのコリコリがいいです。卵だけ先に炒めておくのがポイントです。

材料(4〜5人分)

卵3個

豚肉(バラでも小間切れでも)150g

乾燥キクラゲ10g

玉ねぎ1個

醤油大さじ2

酒大さじ1

胡椒少々

ごま油小さじ1

 

 

乾燥キクラゲは水で戻しておきます。

豚肉は一口大、玉ねぎを薄切り、キクラゲはお好みで一口大か細切りに。

フライパンをよく熱し、油多めに入れます。

溶き卵を入れ手早く混ぜて、半熟状態で取り出します。

そのままのフライパンで豚肉を炒め、色が変わったら、玉ねぎ、キクラゲを投入。

醤油、酒、胡椒、で味付けをします。

卵を再投入して軽く混ぜ、ごま油を入れて、完成!

具材、しめじやエリンギ、長ネギ、人参に替えても良さそうです。

味付けのところ。あればオイスターソース大さじ1を入れると本格的な味になります。

他にも甘みを効かせたいときは砂糖、鶏がらスープの素と水を入れて水溶き片栗粉でトロミをつけてもいいですね。

 

料理は自由だー!

 

 

 

はじめまして

こんにちは。
料理が好きな三児のパパ、kitchenpapaと申します。
本日より、ブログを始めます。

夕方、今夜の晩ごはん何を作ろうかと考えるのが、たまらなく好きな時間です。
そして大体19時くらい、家族5人そろって食卓を囲む。この瞬間が更にたまらなく好きです。

お気に入りの木のテーブル。もう10年くらいの付き合いでしょうか。
若い頃から料理の仕事に携わってきた事もあり、冷蔵庫の余り物でパパっと一品作るなんていうのは好きで、よくやっているんですが、妻曰く、 「それが私には出来ない」 とのこと。 最近ではキッチンの全ての仕事を任せるようになり、妻はひたすら掃除とネコの世話に明け暮れています。それが彼女の喜びのようです。 このブログでは僕が作る日々の料理を紹介して、料理を作る喜びや、食べることの楽しさを伝えていきたいと思います。 よろしくお願いします。