記事一覧
  • まぜごはん

    飯.麺.汁物

    ウチの定番、まぜごはん。具材はフライパンで炒め煮にして、炊き上がったごはんに混ぜるだけ。冷蔵庫の中、食材が乏しい時でも何とかなる、しかも子ども達もおかわりをする ...

  • あさりの台湾風炒め

    主菜

    シンプルにあさりの酒蒸し、おいしいですが、ニンニクと唐辛子を効かせた台湾風の酒蒸しもいいです。台湾料理屋さんではあさり炒めっていうメニューで見たことがあります。 ...

  • 鶏手羽のピリ辛煮

    主菜

    昔、名古屋の台湾料理屋で食べたピリ辛の鶏手羽煮。濃い味でピリ辛でクセになる味でした。それを思い出して作ってみました。材料(4〜5人分)鶏手羽元800g(2つ割り ...

  • 絹さやの卵とじ

    副菜

    絹さやは、春の訪れを感じさせてくれる野菜の一つです。だしでさっと煮て、卵でふんわりととじます。材料(小鉢で4〜5人分)絹さや100g玉ねぎ1/2個人参1/3本卵 ...

  • かんぷら

    副菜

    福島県の郷土料理、かんぷら。又は味噌かんぷら。新じゃがいもを油でじっくりと炒めて、味噌と砂糖で味付けしたおかず、おやつです。素朴な味で止まらなくなります。材料( ...

  • 豚肉の柳川風煮

    主菜

    柳川鍋とは、どじょうと笹がきごぼうを割り下で煮て卵でとじた関東の郷土料理です。今はなかなかどじょうは手に入らないので、豚こま切れ肉で代用してみました。材料(4〜 ...

  • 焼きビビンバ

    飯.麺.汁物

    ホットプレートでワイワイ作る焼きビビンバ。作ると言ってもプレートにごま油を塗ってご飯、具材をのっけるだけ。あとはみんなで混ぜるだけ。ご飯のおかげがいいです。材料 ...

まぜごはん

ウチの定番、まぜごはん。具材はフライパンで炒め煮にして、炊き上がったごはんに混ぜるだけ。冷蔵庫の中、食材が乏しい時でも何とかなる、しかも子ども達もおかわりをするくらい人気のメニューです。

 

材料(4〜5人分)

ごはん3合

人参1/2本

ごぼう1/4本

ちくわ3本

油揚げ3枚

こんにゃく1/2枚

醤油大さじ3

みりん大さじ3

酒大さじ2

砂糖大さじ2

油適量

 

ごはんを炊いておきます。

具材を全て細切りにします。ちくわは縦半分に割って小口切りにします。

フライパンを熱し、油を引き、具材を炒めます。

全体に油が回ったら調味料を入れて煮立てます。

時々混ぜながら、10分ほど。煮汁が少し残る程度で火を止めます。

炊き上がったごはんに、煮汁ごと投入して混ぜ合わせたら完成です。

具材はその時あるもので自由に変えられます。春ならタケノコをたっぷり入れて、秋はキノコ類を入れるのもいいです。

また材料がない時は、人参と油揚げだけ、なんてこともできますし、鶏肉を入れてボリュームアップしてもおいしいです。

 

料理は自由だ!

あさりの台湾風炒め

シンプルにあさりの酒蒸し、おいしいですが、ニンニクと唐辛子を効かせた台湾風の酒蒸しもいいです。台湾料理屋さんではあさり炒めっていうメニューで見たことがあります。

 

材料(4〜5人分)

あさり300g

醤油大さじ2

酒大さじ1.5(紹興酒があればその方が良いです)

砂糖小さじ1

水300cc

中華スープの素小さじ2

ニンニク1片

唐辛子輪切りお好みで

ごま油小さじ2

油適量

 

砂抜きしたあさりを洗い、水気を切っておきます。

ニンニクをみじん切りにしておきます。

中華鍋を熱し、油を引き、ニンニクと唐辛子を入れて香りが立ったらあさりを投入して炒めます。

醤油、酒、砂糖、水、中華スープの素を入れて煮立てます。

沸騰したらアクを取り、あさりが開いてきたら軽く混ぜます。混ぜ過ぎるとあさりの身が殻から落ちるので注意してください。

ほとんどのあさりが開いたら、ごま油を入れて完成です。

唐辛子はお好みで調整してください。

あさりはもちろん、ピリ辛の汁がとてもおいしいです。

 

料理は自由だ!

 

鶏手羽のピリ辛煮

昔、名古屋の台湾料理屋で食べたピリ辛の鶏手羽煮。濃い味でピリ辛でクセになる味でした。それを思い出して作ってみました。

 

材料(4〜5人分)

鶏手羽元800g(2つ割りしたもの)

醤油大さじ4

砂糖大さじ3

酒大さじ3

みりん大さじ3

しょうがスライス適量

油適量

唐辛子輪切り、お好みで

 

中華鍋を熱し、油を引き、鶏手羽元を焼きます。

あまり触ると身が崩れるので、しばらくは触らず焼き付けてから裏返して両面を焼きます。

調味料、しょうがスライスを入れて煮込んでいきます。唐辛子はお好みの量を。ウチは子ども達もいるので控えめで、唐辛子2〜3本くらい。食べると後でピリリとする程度です。

ガツンと辛味を効かせたい方は粉唐辛子を入れてみてもいいと思います。

落としブタをしてフツフツと弱く沸くくらいの火で30分ほど煮込んだら完成です。

白髪ネギを添えていただきます。

すぐに食べてもおいしいですが、冷まして1日寝かして味が染みたものも、またおいしいです。

後日、こっそり自分用に、辛味多めで作っちゃいました。

ビールにぴったりな辛さ。うまい!

 

料理は自由だ!

絹さやの卵とじ

絹さやは、春の訪れを感じさせてくれる野菜の一つです。だしでさっと煮て、卵でふんわりととじます。

 

材料(小鉢で4〜5人分)

絹さや100g

玉ねぎ1/2個

人参1/3本

卵2個

だし200cc

薄口醤油大さじ1

みりん大さじ1/2

 

絹さやは洗ってスジを取り、斜め細切りにします。お好みで切らなくても大丈夫です。

玉ねぎは繊維にそって薄切りに。できれば新玉ねぎがおすすめです。

人参も細切りにします。

鍋に絹さやと玉ねぎと人参、煮汁の材料を入れて煮立てます。

絹さやがツヤツヤと色鮮やかになり、玉ねぎがしんなりとしたら、溶き卵を回し入れて、軽く混ぜたらフタをして蒸らします。

30秒、半熟具合になったら完成です。

春はだしの香りの卵とじがよく合う野菜がたくさんあります。

菜の花、アスパラ、スナップエンドウ、ニラなどでも同じようにできます。

 

料理は自由だ!

かんぷら

福島県の郷土料理、かんぷら。又は味噌かんぷら。新じゃがいもを油でじっくりと炒めて、味噌と砂糖で味付けしたおかず、おやつです。素朴な味で止まらなくなります。

 

材料(4〜5人分ですが、もっと作れば良かったと後悔)

新じゃがいも600g

味噌70g

砂糖50g

油大さじ4

 

新じゃがいもにもいろいろな大きさがありますが、できるだけ小さいもの、500円玉くらいがベストです。今回はそれよりもひとまわり大きいもので作りました。

皮ごと使うので、よく洗い、水分を拭き取っておきます。

フライパンを熱し、油を引き、中火で新じゃがいもを炒めます。

コロコロ転がしながら、じっくりと炒めていきます。

焼き色がついてコゲそうになったら弱火にして、中まで火を通していきます。

炒め始めて15〜20分。箸で刺してみて中が柔らかかったら味付けをします。

この時、油がたくさん残っている場合や、油コッテリが苦手な方は、キッチンペーパーで余分な油を拭き取って取り除きます。

味噌、砂糖を入れて混ぜ合わせたら完成です。

甘辛い味が、特に子ども達にはウケが良かったです。

新じゃがいもが最高ですが、普通のじゃがいもを皮をむいて作ってもいいと思います。

 

料理は自由だ!

 

豚肉の柳川風煮

柳川鍋とは、どじょうと笹がきごぼうを割り下で煮て卵でとじた関東の郷土料理です。今はなかなかどじょうは手に入らないので、豚こま切れ肉で代用してみました。

 

材料(4〜5人分)

豚こま切れ肉200g

ごぼう1/2本

ネギ(青い部分)1本分

だし300cc

醤油大さじ3

砂糖大さじ2.5

みりん大さじ1.5

卵3個

油適量

 

ごぼうを洗い、笹がきに切ります。または細切りに。

ネギの青い部分も細切りにします。

フライパンを熱し油を引き、豚肉を炒めます。火が通り色が変わったら、ごぼう、ネギを入れて炒め合わせます。

だし、醤油、砂糖、みりんを入れて煮ます。

沸騰したら弱火にして、アクを取ります。

7分ほど煮たら、溶き卵を回し入れてフタをして、様子を見ながら、半熟具合になったら完成です。

お好みで七味をふっていただきます。

 

料理は自由だ!

 

 

焼きビビンバ

ホットプレートでワイワイ作る焼きビビンバ。作ると言ってもプレートにごま油を塗ってご飯、具材をのっけるだけ。あとはみんなで混ぜるだけ。ご飯のおかげがいいです。

 

材料(4〜5人分)

ご飯3合

豚ひき肉500g

ほうれん草1袋

豆もやし1袋

キムチ300g

(ナムル用)

塩、胡椒、中華スープの素、ごま油、各適量

(ひき肉味付け用)

醤油大さじ3

酒大さじ2

味噌大さじ1

コチュジャン大さじ1

おろしニンニク大さじ1

ごま油大さじ1

(ホットプレート用)

ごま油大さじ2

コチュジャン、豆板醤、お好みで

 

ほうれん草と豆もやしをそれぞれに茹でて、

水気を切り、ナムルを作ります。ボウルに入れ、塩、胡椒、中華スープの素、ごま油で和えます。

フライパンを熱し、ごま油でひき肉を炒めます。ホロホロとほぐれてきたら醤油、酒、味噌、コチュジャン、おろしニンニクを入れて混ぜながら炒め合わせます。

ホットプレートを熱し、ごま油を入れてプレート全体に伸ばし、ご飯を広げます。

周りにほうれん草、豆もやしのナムル、キムチをのせて、真ん中に味付けひき肉をドーンと。

底の方のご飯がちょっとコゲてきたら、ガシガシと混ぜ合わせていただきます。

お好みでコチュジャンや豆板醤の辛味をプラスしても。

ナムルの野菜もいろいろ試してみたいです。

 

料理は自由だ!

 

キャベツとカリカリベーコンのサラダ

キャベツの大量消費にぴったりなサラダです。ベーコンをカリカリに焼いて、キャベツと和えるだけ。モリモリ食べられます。

 

材料(4〜5人分)

キャベツ300g

ベーコン50g

醤油大さじ1

胡椒少々

きざみのり適量

 

キャベツを千切りにします。あまり細く切らなくても大丈夫です。

耐熱皿にのせてラップをしてレンジで2分加熱します。水気が出たら切っておきます。

ベーコンを細切りにしてフライパンに入れて火をつけます。脂がジュワっと溶けてきたら弱火にして、じっくりと焼きます。カリカリになったら火を止めて、キャベツにかけます。

醤油、胡椒も入れて混ぜます。

きざみのりをのせて完成です。

ボリュームアップしたい方はベーコンを倍にしてもいいと思います。

またはスクランブルエッグをのせてもおいしいです。

 

料理は自由だ!