記事一覧
  • あさりの酒蒸し

    主菜 / 料理

    超シンプルに、あさりの酒蒸しを。週末に家族で潮干狩りに行ってきました。あまりたくさん取れませんでしたが、見つけた時の嬉しさに、盛り上がりました。二日経って、腰に ...

  • 豚ロースのBBQソース

    主菜

    厚切りの豚ロースをBBQソース(バーベキューソース)に漬け込んで、フライパンで焼きます。もちろん本当にバーベキュー、炭火で、網で焼いたらもっとおいしいでしょうが ...

  • 鱈と野菜のあんかけ

    主菜

    鱈と野菜のあんかけ。最近よく鱈を使います。独特のプリっとした食感にはまっています。今回はたくさんの野菜とともに中華風のあんかけに。材料(4〜5人分)たら400g ...

  • トマトと卵の炒め物

    副菜

    トマトと卵の炒め物。トマトに火を通すとスープのように、それだけで濃厚な味わいが出てくる気がします。何か科学的根拠があるんだろうと思います。難しい事は考えずに、卵 ...

  • 鱈とわかめの酒蒸し

    主菜

    鱈とわかめをフライパンで蒸し焼きに。相性が良いものを合わせると、余計な味付けはいらないといういい例だと思います。材料(4〜5人分)鱈の切身400gわかめ(乾燥) ...

カレーグラタン 残りのカレーで

カレーライスを作るのは月に一回か二回くらいです。基本一晩で食べ切りますが、中途半端に残ることもしばしばあります。そんな時によく作るカレーグラタンを紹介します。

 

材料(カレーが残った時なので、全て適量とします)

残ったカレー

ピザ用チーズ

マカロニ

きのこ何でも

 

マカロニを袋の表示通りに茹でます。

茹で上がりのタイミング、1分前に食べやすい大きさに切ったきのこを入れて火を通し、ザルにあげます。

水気をよく切ったら耐熱皿に入れて、その上に残ったカレーを入れて、軽く混ぜます。

さらに上にピザ用チーズをたっぷりとのせてオーブンで加熱します。

チーズが溶けて軽く焦げ目がついたら完成です。

チーズとカレーの禁断のマッチングと言いますか、味付けも何もなく、簡単にメインの一品になります。

具材はお好みで何でもいけます。

またご飯を入れてカレードリアにしても。

 

料理は自由だ!

 

あさりの酒蒸し

  1. 超シンプルに、あさりの酒蒸しを。
  2. 週末に家族で潮干狩りに行ってきました。あまりたくさん取れませんでしたが、見つけた時の嬉しさに、盛り上がりました。二日経って、腰に痛みが来てます。

 

材料(4〜5人分)

あさり400g

酒大さじ2

醤油小さじ2

 

砂抜きしたあさりを洗い、水を切っておきます。

鍋にあさりと酒を入れてフタをして、中火にかけます。

時々様子を見ながら、沸騰してあさりが開き始めたら弱火にして、醤油を入れます。

全てのあさりが開いたら完成です。

意外とすぐに開いてくるのでお気をつけて。

もう、あさり、ど真ん中という味です。

 

料理は自由だ!

 

豚ロースのBBQソース

厚切りの豚ロースをBBQソース(バーベキューソース)に漬け込んで、フライパンで焼きます。もちろん本当にバーベキュー、炭火で、網で焼いたらもっとおいしいでしょうが。

 

材料(4〜5人分)

豚ロース肉500g

ケチャップ大さじ3

醤油大さじ1

砂糖大さじ1

ウスターソース大さじ1

カレー粉小さじ1

玉ねぎすりおろし大さじ1

ニンニクすりおろし小さじ1

胡椒少々

キャベツ適量

 

豚ロースを5mmくらいの厚さに切ります。またはしょうが焼き用の肉を用意して下さい。

肉をビニール袋に入れて、ソースの材料を全て入れてもみ込みます。口を縛って冷蔵庫で1時間ほど漬け込みます。一晩漬け込んでもいいです。

キャベツは千切りにしておきます。

フライパンを熱し、テフロン加工のものであれば油なしで肉を焼いていきます。漬け込んだソースも入れちゃいます。

肉を広げ焼き色がついたら裏返し、フタをして火を中火にして5分ほど焼きます。

焼けたら取り出して食べやすい大きさに切り分けて盛り付け、フライパンに残ったソースをかけて完成です。

ガッツリと食べられる味、スパイス系をいろいろ入れて刺激を楽しんでも。

 

料理は自由だ!

 

鱈と野菜のあんかけ

鱈と野菜のあんかけ。最近よく鱈を使います。独特のプリっとした食感にはまっています。今回はたくさんの野菜とともに中華風のあんかけに。

 

材料(4〜5人分)

たら400g(8切れ)

白菜3枚

人参1/2本

ネギ1本

チンゲンサイ1株

キクラゲ7g

水400cc

中華スープの素大さじ1.5

酒大さじ1.5

塩小さじ1/2

胡椒少々

片栗粉(鱈にまぶす用)大さじ2

水溶き片栗粉適量

ごま油小さじ2

油適量

 

鱈を食べやすい大きさに切り、塩(分量外)をふります。しばらくすると水分が出るのでよく拭き取ります。これに片栗粉をまぶします。

野菜は全て食べやすい大きさに切ります。

キクラゲは水で戻して細切りにしておきます。

フライパンを熱し油を引き、鱈を焼きます。あまり触らずに、軽く焼き色がつくまで焼き、裏返します。両面焼いたら取り出しておきます。

ちょっと油を足し、野菜を炒めていきます。油が回り、火が通ってきたら、水、酒、中華スープの素、塩、胡椒を入れます。

沸騰したら鱈を戻し入れて3分くらい煮て、味を調整します。

水溶き片栗粉でトロミをつけて、ごま油を回しかけたら完成です。

鱈を入れてからはあまり長く煮込まずに仕上げると、鱈はプリっと、野菜はシャキッと、おいしくできます。

野菜は何でも、その時あるものをたっぷりいれて。

 

料理は自由だ!

 

 

 

 

 

トマトと卵の炒め物

トマトと卵の炒め物。トマトに火を通すとスープのように、それだけで濃厚な味わいが出てくる気がします。何か科学的根拠があるんだろうと思います。難しい事は考えずに、卵を加えてさらにまろやかさをプラス。

 

材料(4〜5人分)

トマト大きいもの2個

卵3個

中華スープの素小さじ2

塩小さじ1/3

胡椒少々

油適量

 

トマトをくし切りにします。8等分か、12等分か、お好みの大きさに。

卵は軽く溶いておきます。

フライパンをよく熱し油を引いて、卵を炒めます。大きく混ぜながら、半熟状態になったら取り出します。

そのままのフライパンでトマトを炒めます。

混ぜながら、わざと水分を出してやるように僕はしますが、これもお好みだと思います。ゴロっと形を残したい方はあまり触らずに焼き付けるといいでしょう。

中華スープの素、塩、胡椒を入れて、卵を戻し入れ、混ぜて味見をして塩気を調整します。もし味を薄めたい時は酒か水を入れるといいでしょう。これで完成です。

ちょっと甘みが欲しい時はケチャップを少々入れてもおいしくしあがります。

 

料理は自由だ!

鱈とわかめの酒蒸し

鱈とわかめをフライパンで蒸し焼きに。相性が良いものを合わせると、余計な味付けはいらないといういい例だと思います。

 

材料(4〜5人分)

鱈の切身400g

わかめ(乾燥)7g

もやし1袋

酒大さじ2

塩少々

ポン酢適量

 

鱈に塩をまぶし、しばらく置きます。出てきた水分を拭き取ります。

わかめをたっぷりの水で戻します。

もやしは洗って水気を切っておきます。

フライパンにもやし、わかめ、鱈を下から順に入れて、酒を回しかけてフタをします。

中火で点火、しばらくしてフツフツと沸いてきたら弱火にして10分程、完成です。

ポン酢につけていただきます。

 

野菜は白菜やネギを使っても。

今回は乾燥のわかめを使いましたが、本当は旬の生わかめや塩蔵わかめを使うと、さらにおいしく出来るでしょう。

 

料理は自由だ!

 

ごぼうの醤油漬け、ごぼうの肉巻き

ごぼうといえば、きんぴらや煮物のイメージですが、漬物にも。さらにそれを肉で巻いて焼くだけでお弁当にぴったりなおかずになります。

 

材料(作りやすい量)

ごぼう150g

醤油大さじ2

酒大さじ1

しょうがのすりおろし小さじ1/2

唐辛子の輪切り少々

 

ごぼうを洗い、4〜5cmの長さに切ります。太さは1/2又は1/4に割ります。

鍋に水とごぼうを入れて火にかけます。沸騰したら弱火にして5分程、食べられるくらい柔らかくなったら、ザルに上げて水気を切ります。

ビニール袋にごぼう、醤油、酒、しょうがのすりおろし、唐辛子を入れて軽くもみます。

空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫へ。一晩置けば完成です。

 

続いてごぼうの肉巻き。

ごぼうの醤油漬けに薄切り肉を巻きます。バラでもモモでも。

巻き終わりを下にしてフライパンに並べて火にかけます。

しばらくそのまま焼き色がつくまで、焼けたひっくり返して、コロコロ転がして焼きます。

仕上げに醤油とみりんを入れてからめたら完成です。

お弁当にも、おつまみにも。

ごぼうに味がしっかりとついているので、味付けは薄めでOKです。

 

料理は自由だ!

切り干し大根のはりはり漬け

切り干し大根の食感がポリポリと楽しいお漬物です。お湯で戻して混ぜるだけ、簡単にできます。

 

材料(作りやすい量、たくさんできます)

切り干し大根50g

人参50g

塩昆布7g

酢大さじ2

醤油大さじ1.5

砂糖大さじ1

 

お湯をたっぷり沸かし、切り干し大根を入れて戻します。20分くらいしたらザルに上げて流水で洗い、水気をぎゅっと絞ります。

人参は細切りにします。

タッパーなどの保存容器に材料全てを入れて箸で混ぜます。

フタをして冷蔵庫で一晩、くらいでも食べられますが、もうひと混ぜしてさらに味をなじませるとおいしくなります。

人参を半分に減らし、きゅうりを入れても。

 

料理は自由だ!